画像セグメンテーション技術を用いた、正規品のみの学習モデルで不良品判定を行えるAIシステム。

「totemiru」とは

画像セグメンテーション技術を用いて、正規品のみでトレーニングが可能な製品です。「規定フォーマット」である製品を対象として、高い判定精度を従来の半分以下のデータ数で実現することができ、様々な環境や製品に応用することができる新たなAIモデルなのです。

totemiruの特徴

「不良品」データは不要

既定のフォーマットを持つ製品であれば正規品の画像のみでトレーニングが可能。不良品があまり出ないような製品・工程でもAIの導入が可能に。

「生産性」を超えた貢献

成分表示や期限表示など印字にミスが許されない内容を、人間よりも高い精度で検査することが可能。

「DX化」をリーズナブルに

必要な画像が正規品のみである分、少データ化し時間も短縮。専用のキットを使用することで、従来のAIよりもコストを抑えて導入することが可能。

totemiruの事例

画像セグメントテーション

1

医薬品の印字不良検査

内容:医薬品の印字不良検査
使用データ数:40枚/面 ※画像は裏面になります

判定精度:99.9%

小さいサイズでかつ人の目では発見に苦労する印字不良。法律的な問題からも印字不良は大きな問題です。生産性の向上はもちろん、品質保証にも大きな貢献をします。

2

工業製品の規格外検査

内容:工場部品(ネジ)の不良品検査
仕様データ数:100枚/面 ※左向き、右向きなどすべてを含む

判定精度:98.0%

文字と異なり、上下左右様々な向きを含めて100枚の正規品ネジの画像でトレーニングを実施。大量のネジを不揃いな状態で判定することが可能なため、生産性の大幅な向上に貢献します。

HAMPANAI AIとの違い

・印字物や工場製品など、対象物が一定のフォーマットを持つ規格品は、基本的には正規品のみでトレーニングを実施。若干の個体差が生じるもの(食品など)は不良品を用いたトレーニングも行うことで、より高精度な判定が可能。

・トレーニング期間や、導入後の追加学習などの時間・費用も削減されるため、運用コストがよりリーズナブルになります。

HAMPANAI AIのサイトへ

totemiru専用キット

撮影から判定、オンプレミス運用などを可能にする「totemiru」の専用キットです。適切なハードをあらかじめ使用することでハードウェアへの余分な投資も抑えます。

資料請求

totemiruに関する資料請求やお見積のご依頼は下記ボタンより受け付けております。 AIに関するご質問や運用のご相談もお気軽にご連絡ください。

TEL: 03-5826-4275

FAX: 03-5826-4274