AI

HAMPANAI AIとは

誰でも簡単にAIモデルを作成できるAIプラットフォームサービスです。
AIに関する専門知識・専門人材がなくても、シンプル操作で高精度な分析が可能です。
売上予測や新規店舗出店予定地の策定、検品作業や商品分類など、
幅広い分野で活用されています。

HAMPANAI AIの特徴

モデル構築のための人材

従来型のAIプラットフォームでは、モデルの構築のためにAIに精通した人材が必要となります。

AIに対する理解

従AIについて、従業員だけでなく経営陣も正しく理解しなくては、ビジネスで有効に活用することはできません。

膨大なデータ

一般にディープラーニングは、データ量に比例してモデルの精度が上がります。現在の日本では、大量のデータを確保できる企業は少ないのです。

AIソリューション

AIソリューション

様々なサービスやシステムにAI技術が取り入れられ、人々の生活を支えている時代になりました。私達はより便利で安心できる社会を目指して、ビジネスにおけるさまざまなシーンにAIサービスを開発・提供します。

【具体的には】

  • 「HAMPANAI AI」 高速で簡単に使える大規模なAIサービス
  • 開発ソースコードのAIチェック体制

AIを活用した
保健指導システム

(図)リスク評価の改善
(図)保険指導との連携

自社発のAIトレーニングサービス「HAMPANAI AI」

業界背景

ビジネスデータの利用ニーズ

現在AIはレントゲン写真から癌があるか判断するなど、主にデータを分析し、予測する画像認識の領域で活用されています。 近年、AIはビジネスデータの分析と利用ニーズが高まりつつあります。 データを分析し、来年の売り上げを予測し、さらには売上に繋がる原因も見つけたい。しかし、そのようなニーズを満たすAIシステムの先例はまだほとんどありません。 現在、AIは正解があるデータだけの学習が進んでおり、大多数の人たちが、正しいデータを蓄積できていない理由から、AIの学習が無駄である認識しています。しかし、実際にはバタフライエフェクト同様、データ不完全でも、学習することができ、さらには結果を出すことができるのです。

専門知識がない人もAIを利用したいと考えている

世に出ているAIシステムを利用してデータを学習させ、独自の分析のためのモデルを作りたいとしたら、現状では、高度なAIに関する数学知識、および 正確なAIモデルとモデル最適化する際にパラメータの調整が必要です。これでは、AIの専門職以外にはAIによる分析が行えませんが、実際には、営業職や管理職などAIの専門知識を持たない人たちも、AIを構築し、手元のデータを分析したいと考えています。
現在は、画像認識の領域にのみ、そのようなニーズに応えるシステムが存在しています。しかし、ビジネスデータを含め、データを総合的に扱えるかんたんなAIシステムは、今のところ前例がないのです。

AIシステムとユーザーのインタラクション

ビジネスデータの利用場面において、AIの分析結果を可視化することで、現在AIのニーズがますます増えてきています。 ユーザーとAIシステムのインタラクションを強めることによって、AIの仕組みを理解し、データを繰り返し利用することにより、さらなる分析が可能になるかもしれません。 売り上げを予測した後に、その結果が実際の売り上げと比べてどうなのかをAIシステムにフィードバックし、どのようにすれば、売り上げを最大限に伸ばすことができるか経営者はAIを利用して知りたいと考えているのです。

AIのトレーニングプロセス

AI導入のトレーニングプロセスの画像


現場ご担当者の業務における課題・明確な目的に応じて作成されるオリジナルのAIの中では、最大の効果を発揮します。
また、すぐにAIの効果を評価することができるので、最短のスケジュールで、AIによる業務改善が達成できます。

【具体的には】

データと事象の関連性を見つける

データ(人間の知識と経験)からAIをトレーニング

API連携によりAIを呼び出して利用→AIによる「人間のような推論」が可能に

今後の弊社の方針と目標

このページの先頭へ