Blog
ブログ

2024年01月15日

【これ一緒でしょ!?】全角チルダと波ダッシュに翻弄された話

年明けてから寒さが増しましたね…毎日布団から起きるのが大変です。

どうも、Kです。

 

私もついに「全角チルダ・波ダッシュ問題」に直面し、原因を調べるとなかなか面白かったので 私なりにはなりますがまとめてみます。

 

そもそもなんで起きたのか

まず、あるプロジェクトでSalesforce内部画面のある選択リスト項目に「100万円〜500万円」のような値があり、Mapでも同様の値を使用しています。

ある日、その項目に新しい値を追加する というタスクがあり、私は内部画面での値の追加を担当していました。

その後、別の担当者がMapの値を更新し、テストを行うと値が一致せずエラーになります。

確かに内部画面の値とソースで呼び出している値は一緒だと思っていたのですが…。

青枠で囲われた部分が赤字に…すなわち一致していません…。

 

頭を抱えながら調べました。

すると、似た問題に遭遇する方がたくさん!!

そこで「〜」に二種類の文字があることを知り、原因は全角チルダと波ダッシュが混在していた為 と分かったのです。

 

あぁ、一安心。

 

全角チルダとは?波ダッシュとは?

全角チルダとは「〜」、波ダッシュとは「〜」です。

以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとにこれだけなんですが、もう少し詳しくお話します。

全角チルダとは

名前 fullwidth tilde
Unicode(UTF-8) U+E3809C

波ダッシュとは

名前 wave dash
Unicode(UTF-8) U+E3809C

見た目は一緒なのに全くの別物…しかも

文字コードを見ると全然違います…全くの別物でした。
更に調べていくととんでもないことが発覚しました。

 

どうやら、WindowsとMac つまりOSの違いで変換時に出てくる文字が異なるようです。

 

ナンテコッタイ!

 

Windowsでは 変換時「全角チルダ」が表示され、MacOSでは 変換時「波ダッシュ」が表示されます。

今回の原因はきっとこれだったのでしょう…元々の値は「全角チルダ」で作成されていて、値追加を担当した私はMacを使用していたがために値が「波ダッシュ」で作成、そして値が不一致に…。

 

恐ろしいですね、これからはWindowsとMacが一緒に作業するとき、気をつけないといけません!

ということで、私が実際に体験した 全角チルダと波ダッシュに翻弄された話でした。
ではまた!

このページの先頭へ